| 内政官を育てよう | 拠点の構成を考えよう | 武将の育て方 | 隠しスキルの付与 | オススメ兵科 | 効率の良いレベル上げ |


■レベル上げに出兵する兵士数

いつからレベル上げを開始すればいいかの判断って難しいですよね。
兵を作るのには資源を使いますし、維持するにも糧を消費します。
まずは今の自分の兵産速度を計算してみましょう。

宿舎の数が最大でいくつあって、どれくらいの容量になるのか。
その容量一杯になるのに何日掛かるのか。
そのペースで兵を作成して生産資源は足りているのか。
その兵数を保有するのに糧は足りているのか。

おぼろげに考えるのではなく具体的に計算をしてみましょう。

例えば本拠地の兵容量が10000だったとします。
矛槍兵をメインに作成し、下記の条件だと仮定します。
兵舎レベル13(02:04=124秒)
UC程普兵舎訓練2(17.5%)

矛槍兵1あたり103秒で作成出来ます。
これを10000作成した場合、およそ12日間掛かります。

また、兵舎を止めずに生産し続けなければいけませんので
それに見合った生産資源も必要になってきます。
1時間当たりの生産に置き換えると下記のようになります。

木9240 石13860 鉄0 糧2100

兵舎レベルを上げたり、訓練や修練スキルを上げるともっと早く生産出来ますが、
その分、資源も多く消費することになります。

自分の中でどれくらいを落しどころにするのか、それを決めるのが鍵です。
計算するのはかなり面倒だとは思いますがやってみると自分に有益になりますよ♪

■レベル上げに出兵する領地(空き地)

レベルを上げるやり方は各々で違ってきますが、
基本的な考え方を理解して頂けるとよりスムーズに進むと思います。

まず、下記を理解して下さい。

歩兵1
下級兵2
上級兵4

これらが攻撃した際に得られる経験値(スコア)の基本値です。
では単純に防御を比較してみましょう。(例として槍or矛で比較)

槍兵orで攻撃した場合
剣兵10
騎兵28
近衛騎兵70

これを経験値で割ってみると効率が理解出来ます。
剣兵の場合
経験値1=10/1=必要攻撃力10

騎兵の場合
経験値1=28/2=必要攻撃力14

近衛騎兵の場合
経験値1=70/4=必要攻撃力17.5

このような結果になります。
上記の中で剣兵は☆1しか出現しません。
ブラ3ではワールドの広さが決まっており、
1200×1200のマスしかありませんので距離を稼いでも800〜1200くらいが多いです。
1200の場合でも最大で1815しか出現しませんので、
メインの武将の出兵先としては後半のレベル上げには使い勝手が悪いです。
(他ページで説明している移速武将あたりなら有効に使えるかもしれません)

また、同様に下級兵の出現する領地へ出兵する場合は遠距離になります。
1期の場合は☆6、2期以降の場合は☆5になりますが、
出来るだけ遠くに出すことで多くの兵を出現させることが重要です。
そこで威力を発揮するのが遠征訓練所です。
こまめにレベルを上げておくと後々役に立ちますよ♪

■討伐ゲージは500で出兵

討伐ゲージは3分36秒で1上昇します。
すなわち、戦闘から帰還して討伐ゲージ50の状態の武将が
デッキにセットしてない状態で討伐ゲージMAXの300になるまでに15時間ちょうど、
討伐ゲージ300の状態でデッキにセットして討伐ゲージMAXの500になるまでに12時間ちょうどかかります。
これらを上手く活用して討伐ゲージ500で出兵しましょう。

■ちょっとした裏ワザ

兵種を1種に偏らせて作成している方にオススメの手法です。
矛槍兵をメインに使用している方の場合、☆6鉄に出兵して騎兵を多く出現させると思います。
その際に他の兵種を混ぜると矛槍兵の損害が少なくなるという現象が起こります。
メインの兵種より相性の悪い兵種が優先的に溶けていきますので、
矛槍兵より安い下級兵や剣兵を混ぜることで、上級兵の減る数を少なくできるのです。

方法としては、兵数全体の3%を混ぜて下さい。
矛10000の場合は馬or弓or剣を300ほど帯同させます。(同じ兵科の槍は不可)
それだけで矛の損害を減らすことが出来るのです。
速度を変えたくない場合は騎兵を、安く上げたいなら剣兵を。
実戦すると大きな効果を得られますよ♪


| 内政官を育てよう | 拠点の構成を考えよう | 武将の育て方 | 隠しスキルの付与 | オススメ兵科 | 効率の良いレベル上げ |